那覇空港PCR検査はダメみたい

東京からの帰沖時に空港で3度目のPCR検査を受診。
前回(4月上旬)受診時は「翌日15頃に結果報告」に対して、二度の遅延連絡ののちの19時過ぎに報告があったが、今回は「検体数が多いから本日中(検査翌日中)に報告します」の後、結局翌日(検査日の翌々日)朝まで何の連絡もない。
確認のため連絡メールに返信すると送信専用アドレスのためエラーとなった。しゃーないので、早朝(と言っても午前8時前)電話をかけてみた
(私)結果報告も遅延連絡もありませんが、どうなっていますか?
(業)機械が壊れてしまいました
(私)いつ、結果報告できるのですか?(はっ!?)
(業)現在、協議中です。
(私)機械が壊れて検査ができない(結果報告できない)ことや今後の対応について受診者全体に告知してください。1時間以内に連絡なければ県にも報告します。(何を協議しているんだ!)
(業)はい。
発注者である県にチクられたくない一心からか、上記連絡から30分程度で以下の意味不明なメールが業者から届く
この度は大変ご迷惑をおかけしており申し訳ございません。連絡が再度、遅くなったこと重ねてお詫び申し上げます。
今回提出していただきました検体が、コンタミネーションにより汚染された可能性がございます。
正確な検査結果を出すため、お手数おかけしますが再度検体の提出をお願いしたく存じます。
尚、料金につきましては全額返金させて頂きます。
詳しくは、後ほど電話またはメールにてご連絡致しますので、宜しくお願い致します。
大変申し訳ございません。
さすがにアタマに来たので、ソッコーで県の担当窓口に電話連絡(所謂「いいつけ」)
 → ちなみに業者への電話連絡時には自身の名前は出さなかったが、申請時の個人携帯で電話したので、番号から発信者=私を突き止めてメールを送ってきたものと思われます。なので、全体への告知ではなく、あくまでもクレーマー個別対応であるものと推定できます。そもそも、電話で言っていた「機械が壊れた」って話と上記メール本文との整合性の説明もなく「待たせて悪かったな。金は返すから文句言わずにも一度検査受けてくれよ」な内容にカチンと来た次第です。
このメールからしばらく何の連絡もなかったが、午後に入ってから携帯に連絡が入った(6時間の空白)。
(業)ご迷惑おかけしてしまい申し訳ありません。・・・グダグダ・・・グダグダ・・・。で、空港で再度検体採取してもらえませんか(つまり、空港まで来ても一度受けてくれ)。
(私)いやです。信用できませんので、さっさと返金願います。(業)はい。
(私)他にも検査結果を出せない人はいるんですか?
(業)はい。大勢いらっしゃいますので、個別に連絡しています。
(私)今後、御社(空港PCR)は利用しません。
と言うことで、他にも被害者がいるってことが分かった。私もそうだが、土曜日に受診して陰性が確認できれば月曜日から通常勤務できることを想定した出張者などにとっては大変な迷惑。せめて日曜日の早い時間に事情が共有されていれば、日曜日午後か月曜日の早い時間帯に再度受診して無駄な時間を最小限に抑えることもできたろうに・・・。今回は結局火曜日の朝に検査を受けることにしたので、結果待ちの日曜日に加え、月曜日と火曜日が無駄な時間になってしまった(まっ、最低限は動きますが・・・汗)。恐らく、早朝の電話回答にあった「協議中」と言うのは、「いかにして収束させたら良いか」を検討していたものと思わる。それも大切だけど、まずは被害者である受診者に対する連絡が最優先だよね。それをやらなかったことは受託者として致命的失策だと思う。あっ、業者は4月1日で(なぜか)変更になっていて、3月末までの担当業者はちゃんとしていたと思う。
このご時世、PCR検査は重要な役割だと思うのだが、今回のように危機感のない会社(の管理者、責任者)が担当してしまうと、受診を敬遠してしまったり、検査結果に対する信頼性をも失ってしまう可能性があると言うことを発注している県としてはしっかりと認識してほしいと思う。
ドリフじゃないけど・・・
だめだこりゃ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です