「mixi」カテゴリーアーカイブ

【散歩】多摩川河川敷を府中へ向かう

三連休は初日(金曜日)、二日目(土曜日)と雪が降る寒い日が続いたので、ほとんど部屋から出ることなく過ごした。読書、パソコン(ブログ作り)、風呂、料理、酒飲んで寝る・・・と言う、怠惰・・・いや、贅沢な二日間でした。

そんなわけで、ようやく晴れた三日目の本日は、布団と洗濯物を干して、お約束の散歩に出かけることができた。

最近は、北側コース(野川沿い)が多かったので、本日は久しぶりに南側の多摩川沿いに歩くことにした。まぁ、散歩コースなんてのは思いつきですからね。。。これも散歩の楽しいところ・・・かな?

調布市の河川敷は、スポーツ広場のように整備されていて、野球、サッカー、アルティメット(フリスビーを使う団体競技)を楽しむ集団あれば、自転車、ランニング、ウォーキングと、遊歩道にも多くの人。特に少年野球の試合が多かったけど、何か大会でもあったかな?一生懸命な子供たちの姿を見ると、息子っちのサッカーを応援していた頃を懐かしく思い出す。

上流に向かってしばらく歩くと、運動場や遊歩道の整備も無くなり、普通の河川敷になる。そこでは、のんびりと散歩するおぢさんや凧揚げする親子、川面に向かって腰掛けて読書する若い女性などなど、皆さん自分の時間をのんびりと過ごしている。今度はポットにコーヒーでも入れて、1時間くらい多摩川の流れを聞きながら、読書しても良いかな?(別に若い女性がめあてな訳ではありません—汗)

多摩川の眺めながら歩き続け府中市に入ると、調布市のような運動公園ではなく子供たちが遊べるように工夫された公園になっている。

浅い水溜りや低木の迷路など、自然の中で遊べるようになっていて、子供たちが家族と一緒に思い思いに楽しそうに遊んでいた。ほんと、調布といい府中といい、イイとこだと思う。もし自分の子供が小学生で、東京で暮らす機会があったのなら、この近くを選んでいただろうな。。。(実は他を東京は知らない・・・とも言う・・・汗)

自分が育った頃の沖縄には、住環境に近いところにも自然が多く残っていて、それこそ一日中海や山で遊ぶことができた。もちろん、親に連れてきてもらうことなどなく、子供たちだけだったよな。。。そんな遊びの中で、自然から色んな事を学んできた気がする。

まぁ、あれから数十年の時間が流れとともに社会が変わってしまうことは理解できるが、この多摩川河川敷のように自然と触れ合える場所が無くなっているように感じるのは寂しいことだ。地面をコンクリートで塗り固めてしまい、その延長線上に申し訳程度の公園やグラウンドを整備するのも仕方ないと思うが、やはり、そこに暮らす人が自由に気軽に使うことができる地面と言うのも必要だと思う。

沖縄では多くの基地が返還されてきたが、その多くはコンクリートで固められたように思える。色々な事情があるとは思うが、あれだけの広大な敷地なんだから、その一部でも多摩川河川敷とは言わないまでも何らかの整備をして、住民のための地面として開放しても良いのじゃないかな。。。そうしたら、住民も増えるだろうし、住民が増えれば地域が元気になるんじゃないかな?

・・・・とおぢさんは思うのでありました。

そうそう、河川敷を歩いていたらこんなところが・・・

幅25cmくらいの一本橋のようなもの。まぁ踏み外しても大丈夫なんだが、実は歩き始めは、フラフラして真っ直ぐ歩けなかった。何度か右側にふらついてしまう。これって、体のバランスが崩れているのか、歩き方が悪いのか・・・。10分くらい歩いていたら、どうにか安定してきたが、これって結構問題かも・・・。これからは、体のバランスを整えるためにも、このコースの散歩を増やさなくては・・・・ですね。

【読書(10月)】 テンペストで沖縄に目覚める!

10月は3冊。11月も2冊目途中なので、4~5冊は行けそうな感じ。県民が言うのも何だけど「テンペスト」で沖縄にハマってしまい、第四巻が届くのを待ちながら大城立裕の「琉球処分」を読んでます。まぁ、今まで勉強してこなかった分を取り返す?勢いですね(笑)。

この調子で行けば50冊は無理としても40冊は行けるかも?

————————

28. テンペスト(第一巻)春雷 池上永一

http://books.rakuten.co.jp/rb/6588370/

29. テンペスト(第二巻)夏雲 池上永一

http://books.rakuten.co.jp/rb/6654786/

なぜこの本を今まで読まなかったか。。。率直にそう思うほど、素晴らしい作品です。特に首里の人間(すいんちゅ)を自負する自分として「読んでいなかった」ことに恥ずかしさすら感じてしまいます。単行本上下巻2冊を文庫本4冊にして、9月から毎月1冊ずつ発売していて、現在3巻を読み終え、今月末の最終巻の発売を待っています。

同じ沖縄の人間が、沖縄をここまで見事に書き上げていることに感動しつつ、誇らしい気持ちにもなります。

ぜひぜひ、皆さんに読んで欲しい一冊(4冊?)です。来年(2月)の仲間由紀恵主演の舞台見に行きたいなぁ。。。。

http://www.kadokawa.co.jp/tempest/

本当は早く最新刊の「トロイメライ」を読みたいところですが(テンペスト読み終えてから・・・と)グッっと我慢しています。で、やっぱり我慢ができないので「風車祭」を注文してしまいました・・・・笑

————————

30. 白銀ジャック 東野圭吾

http://books.rakuten.co.jp/rb/6772086/

お約束の東野最新刊です。こちらは「いきなり文庫化!」なので、お得感いっぱいです。さすがに東野と思わせるタッチと展開で、サクサクと読み進められますが、個人的には・・・うーん、ちーと軽い感じがします。

————————

散歩(深大寺)

割と天気の良い日曜は散歩にでかけることが多いが、10分ほどで到着する多摩川に向かうことがほとんど。特に考えずに出かけるものだから、毎回「○○の一つ覚え」よろしく、同じようなコースを辿っている。まぁ、いきあたりばったりに、ちょっとずつコースを変えているから飽きる事はないので、別に問題はないのだが・・・。

そんな日曜を前にした昨晩、いつものようにウダウダとしながらテレビを見ていた。しかし、各局特番のためいつものレギュラー番組がお休みで、適当にチャンネルを変えながらダラダラと見ていたら・・・

「出没!アド街ック天国(テレビ東京)」で「深大寺」の特集を見つけました

http://www.tv-tokyo.co.jp/adomachi/101002/index.html

深大寺が近くにあることは知っていたが、なかなかきっかけがなく、行ったことがなかった。今回、番組を見て思い立ち、本日が散歩日和であったことも手伝いになり、晴れて初・深大寺となった(ちょっと大げさか・・・)。

自宅からは徒歩で約40~50分程で、ちょうど良い散歩の距離。なかなか出かけたことがなかった北側コースなもので、周囲の景色が新鮮で途中も楽しく歩くことができた。

昨日の特集の影響か、いつもの週末なのか、かなりの人出。並び立つ蕎麦屋はどこも行列で、おやぢ一人がわざわざ並ぶのはチト恥ずかしかったので、今回は素通り。もちろん、鬼太郎茶屋も人だかりで、入ることも出来なかった。まぁ、子供たちと競争して入ることもはいわな・・・・。

しばらく、参道や境内をブラブラした後は、これまたテレビで紹介されていた「神代水生植物園」に足を運び、初めて「そばの花」を見ることができた。ちょうど、見ごろの時期だったのかな?

帰りは少し道順を変えて、北側の街並みを楽しみながら遠回りしてみた。近所だというのに、知らなかった場所が多く、改めて調布の町を楽しめたのでした。まだまだ、知らない場所や楽しそうな場所がありますね。

日々の生活がパターン化されてしまうと、身近にあっても気づかないこと、知ることができないことが多いんだなぁと改めて感じることができた。やはり、アンテナ高く、情報を集めると同時に、行動することが大切ですね。特に、1時間も歩けばこんなに楽しめるところに住んでいるんだから、もう少しアクディブに生活せんといかんです。

本日、約2.5時間を気持ち良く散歩しました。これが習慣になれば、デブ改善されるのかしら・・・・。頑張ろう!!

おやぢの手料理(101002)

本日(正しくは昨晩)の作品はシーフードパエリア。パスタにしようと考えていたけど、クックパッド先生に相談した結果、なんとなく行けそうだったんで、チョット難易度をあげてみた次第。

あわててサフランとアサリを買い出し、パソコンを見ながらつくってみた。

意外や意外、予想した程難しくはなく、ほぼレシピ通りに作れた。おやぢでも作れる簡単レシピをクックパッドに投稿してくれた方々に感謝です。

↓できあがりは・・・チト違うけど・・・オリジナルはこちら・・・

http://cookpad.com/recipe/1236976

味もそれなりにパエリアで、なんと言っても炊き上がりのお米の食感がgoodでした。娘も美味しいと食べてくれたので、大満足なひと皿でした。

緑色がアスパラじゃなく、いんげんなのは……ご愛嬌ということで、突っ込まないでください。

ちいさい白いにわとり

今朝、ふと思い付いて「ちいさい白いにわとり」をぐぐってみた。小学校の教科書に載っていた「ぶたはイヤだといいました。いぬもイヤだと……」のフレーズが30年ほど経った今でも、何故か鮮明に残っている作品?時々思い出してネタにしてたけど、ぐぐってみるのは初めてのこと。

それが、驚いたことに、同じように、あのフレーズやラストが気になっている、同じ思いを持つ人って多いんですね。結構引っかかりました。

しかし、なんでこんなに記憶に残っているのだろう?なんだか、教室で意見を出し合ったようにも思い出される。あてにはなりませんがね。また、ぶた、いぬ、ねこが、すごく意地悪に、にわとりが可哀想に思ったはずです。まぁ、実際の動物をそんな目でみた記憶もありませんです。

この作品が教科書に使われた時期から、現在の40歳台とその上下?歳の方々……今のご自分なら、どうこたえますかね?

ちなみに・・・最後に一文あるかないか?についてブログ上で色んな意見がありました。私の記憶だと、↓の通りなんですがね・・・・。版数によって違うのかな?

—-

小さい 白い にわとりが、みんなに むかって いいました。「この むぎ、だれが まきますか。」

ぶたは、「いやだ。」と いいました。

ねこも、「いやだ。」と いいました。

犬も、「いやだ。」と いいました。

小さい 白い にわとりは、ひとりで むぎを まきました。

小さい 白い にわとりが、みんなに むかって いいました。「この むぎ、だれが かりますか。」

ぶたは、「いやだ。」と いいました。

ねこも、「いやだ。」と いいました。

犬も、「いやだ。」と いいました。

小さい 白い にわとりは、ひとりで むぎを かりました。

小さい 白い にわとりが、みんなに むかって いいました。「だれが、こなに ひきますか。」

ぶたは、「いやだ。」と いいました。

ねこも、「いやだ。」と いいました。

犬も、「いやだ。」と いいました。

小さい 白い にわとりは、ひとりで こなに ひきました。

小さい 白い にわとりが、みんなに むかって いいました。「だれが、パンに やきますか。」

ぶたは、「いやだ。」と いいました。

ねこも、「いやだ。」と いいました。

犬も、「いやだ。」と いいました。

小さい 白い にわとりは、ひとりで パンに やきました。

小さい 白い にわとりが、みんなに むかって いいました。「このパン、だれが たべますか。」

ぶたは、「たべる。」と いいました。

ねこも、「たべる。」と いいました。

犬も、「たべる。」と いいました。

iPhoneでmixi

4月にiPhone手に入れてから、ITライフ(?)が変わってしまった。

まぁ、情報検索やカメラ、MP3等の全てが1台でできるから便利だと言うのもあるんだけど・・・最も変わったのが、自分からの情報発信が twitter メインになって、mixi はめっきりご無沙汰になったこと。

iPhone からだと気軽に気に入ったアプリを使ってつぶやいたり、人のつぶやきを追いかけたりできるのがイイ!PC でもホームページやアプリ使ってできるんだけど、やっぱりタイミングが違う。特に移動中とか、その場にいる瞬間とか「今、つぶやきたい!」なんですね。

まぁ、こうなると今までお世話になってきた mixi をどうするか?と言うことになってくる。twitter から連動させてボイスを投げ込んでいたけど、最近は障害などで上手く動かないみたいだし、iPhone 用アプリの「ちょこっと mixi 」も、iOS4 だと起動しない・・・。Safari を立ち上げて通常のページを使うのも良いが・・・iPhone ですからねぇ・・・。

できるだけ、日記を続けるようにしたいと思うけど、このままの不便な状態が続くと「mixi 離れ」になっちゃうかもかも・・・です。

(Safariに飛ばさない) iPhone 用アプリの開発を願う会員なのでありました

沖縄だからなのでしょうか?

首里末吉に小さいながらマンションを持っているが、親と実家で暮らすために空き家にしていた。さすがにローンもひたすら残っているので賃貸に出そうと考え、ネットで検索してラ○オ○ズマンションでおなじみの大○系列の「大○リア○ド」に依頼することにした。

ここに決めた理由は、
・全国レベルでの物件案内が可能
・リフォーム(内装工事)まで一式で請け負ってくれる
・賃貸契約も代行してもらえる
と言うもの。できれば3月異動による沖縄県外からの転勤族に入居してもらうことを期待して、今年1月に沖縄で直接交渉をおこなった。

自社ブランドマンションであるラ○オ○ズじゃなくても大丈夫で、3月には借りてが付くでしょう!と内装担当の工事業者も同席の上で、上記条件を確認。交渉翌日には工事の発注書を飛ばし、鍵やパンフも渡して安心していた。。。。

しかし・・・2月中旬になっても工事が始まる様子もなく、大○リ○ル○社のホームページ上に案内が掲載されない。心配になり担当者(県民の課長・・・らしい)にメールで連絡したところ「案内や反響ありません」とのこと。同時に工事業者に確認すると「資材の到着遅れで2月下旬の着工です。大○さんとは確認とっているのでご心配なく」とのこと。まぁ、大手のプロだから大丈夫なんだろうと不安はあるものの、任せることにした。

3月中旬になり、一部工事に着手した様子はあるが、内装も未着手。これはどうしたものかと連絡を入れるが「大丈夫です」と。ホームページについては、間取図や写真は無いままに物件名と条件のみが掲示されているだけと言う状態。そろそろ不安MAXとなったので、突っ込むと翌週あたりに図面が掲載された。営業状況も聞いたら答えるが「反響なし、案内なし」と言った判で押したような内容だけ。。。信じるしかないんでしょう。。。。不安×3.

そのまま4月になり、工事が進んでいないことを確認して連絡入れたところ、工事業者が体調を崩して放置していたとのこと。なんじゃーーそら!(怒)ウチナーチュの工事業者は電話で一生懸命謝っているが、謝って済む話じゃない!で、業務委託契約を締結している大○は「工事が遅れたから・・・」と何度聞いても工事のせいにしかしない。

結局、工事が終わり写真を含めたホームページが完成したのは4月下旬。あのねーー、異動は終わっているんですよ、すでに!(怒×2)

結局その後も、大○の担当課長(うちなーんちゅ)は工事遅滞の責任にしかしない。ホームページへの図面掲載もやらず、工事が遅れていることも報告せず、当然のようにその間の営業活動報告もない!工事業者への怒りもでかいが、大○への怒りはその倍以上ある。

当たり前のように物件の動きはなく、目が届かないことをいいことに大○はまじめに活動していないと思われる。

契約書には「当社は、目的物件の賃貸借代理業務に関して・・・積極的に努力します」をはじめに、営業報告とかも明記している。はっきり言って契約違反です。

全国に名の通った大○が、よもやこんないい加減&無責任なことをするとは思わなかったので、ショックも怒りも止むところを知らない。最初からラ○オ○ズ以外やる気ないなら、そういえよ!「大丈夫です!」なんて嘘つくんじゃない!

これって、全国的な大○クオリティー?やっぱり沖縄だからと言って、ウチナーンチュ担当課長が県民をなめて対応している「テーゲー対応?」。前者であれば、諦めもつくが、後者であれば「ウチナーンチュはいい加減ですよ」と言っているようなもの。

こんないい加減がまかり通るのは、沖縄だからなのでしょうか?

・・・・こんな人達(チナーンチュ)がいることを直接感じてしまうと本当に悲しくなってきます・・・・

FacebookからTwitterへ、そしてFacebookへ

Facebook で遊んでいると他のSNSも気になってきたので(今さらながら) MySpace にも登録。その他 SPYSEE とかも。。。でも、登録しただけで友達がいないと全く面白くない!

。。。と言うわけで、いよいよ Twitter にも手を出してみることにした。

ちょっと躊躇しながらも、ドキドキしつつ「つぶやいて」みる。TL(Time Line)に自分のツイートが載ってきたときは、まるでリクエス葉書がラジオで読まれたときのような妙な感動と恥ずかしさがあった(ネタが古いなぁ・・・)。その後、誰からか返信があるかと思いきや、そのままサァーって流れてしまい「あれっ」と安心すれど、なんだか少しがっかり。それでも、なにはともあれ、晴れて「Twitterデビュー」を無事(?)果たしたのでありました。

さらに Facebook の友達の投稿見ると [Twitter から (中略) XXX on Twitter] などと情報が付加されている。これって、Twitter のつぶやきが Facebook に載ってくるってこと?早速ググってみると・・・・これがあるんですねぇ、さらにmixi(voice)まで連携できちゃう!

http://d.hatena.ne.jp/kazukichi_0914/20091002/1254431286

で、実際にTwitterでつぶやいてみるとFacebookにばっちり投稿OK!友達みたいに [XXX on Twitter] って付いてる。なんだか少し「偉く?」なった気分(笑)。次はmixiだ!

この週末は久しぶりにパソコンを活用した気がする。凄く楽しい!なんだか、ある意味で閉塞した日々から(少しだけ?)抜け出せたようにも思える。これからは、もう少し色々なモノ、コトに興味を持って周囲を眺め、情報を集めと発信してみたいなぁ・・・と、オヤジは感じたのでありました。

あんな、こんなもiPhoneのおかげ。感謝しております。こうなるとiPadにも興味が行ってしまいます。あーーー、やばいぞ!

新年にあたり

9日も過ぎて「新年」でもないのだが。。。

昨年は娘の大学合格、福岡から東京への異動、娘との同居・・・と、大きな変化のあった1年でした。まぁ(相変わらず)風邪ひとつひかずに健康な体で1年を過ごせたことに感謝します。

企業人としては3月が一年の終わりなので、なんとなく中途半端だけど、今年は以下を目標に頑張ってみたい

・50冊本を読むこと(まだ達成できていない)

・海外に行くこと(プライベートでも仕事でも何でも良いから)

できたら関東近郊の温泉に行って、美味しいもの食べながらゆっくりしたい・・・と言うのが当面の「望み」なんですがね。。。これは新年の抱負にはならないっすね(汗)

また、今年は大学(息子っち)、高校(娘っちB)のダブル受験。二人とも今月が勝負とな・・・。

息子っちは東京近郊の大学を狙っていて、無事合格できれば東京組が3人となり家族構成が沖縄と逆転する。まぁ、そうなって欲しいと願いながら、既にアパート(物件)を探し始めているバカ親なのでありました・・・汗

何はともあれ、心身の健康が一番。「常に笑顔で前向きに一生懸命生きる!」と今年も心に誓いながら、楽しくお酒を(たくさん)飲んでいるのでありました(笑)

皆さん、本年もよろしくお願いします。

東京雑感(対人距離)

江戸で思ふこと・・・「何でお前そんな近くにいるんだよ!(怒)」

特に電車。通勤時の満員電車とは違い、普通に満席(座れない)場合、仕方ないので降りやすいドアの近くに立つことが多くある。すると後から乗ってきた人が、すぐそばに立ったりする。それも肩が触れそうなくらい近くに。別に立ってる人も少ないのだから、離れれば良いものを・・・です。それも女性だったりすることも多々・・・勘違いするじゃない(汗)

きっと、彼(彼女)らは私と同じく利便性だけを考えて立つ場所を選んでいて、他人との距離なんて気にしていないのだろう。うん、合理的だ!

隣の座席が空いている時に、やたら体格の良い(デブを含む)人が座ってくる。後から座った人は肩が入りきらず斜めにしたりしなくてはならない。これも結構な密着だけど、気にする様子はない。そういう私も朝夕は空いていると無理やりに座ってしまう。一人前の都会人だ!

安い居酒屋なんかでは、隣の客と肩が触れてしまうくらいの座席設定。本当に「詰め込まれている」って感じ。カウンターもギッシリ。でも皆さん気にしないのよね・・・。まぁ最近は私も・・・安く飲めれば「そんなの関係なぁ~い」ってか。。。汗

特別な状態であるときを除き(笑)人とは適当な距離を保っていたい私としては、この距離感、密着状態はかなりのストレス。なので、最近は利便性を犠牲にしてでも空いた場所を、居酒屋も人気の場所を外して少しでも広いとこを探すようにしている(高いところはゆったりだけど財布がゆったりできない)。

wikiでは西出和彦の対人距離の定義として

排他域 – 50 cm 以下。絶対的に他人を入れたくない範囲で、会話などはこんなに近づいては行わない。

と説明しているが、都会では排他域が無いように思う。

自分が便利/快適に過ごすために、他人との距離が地方と比べ短くなっているのだろう。まぁ近ければ悪くて、遠ければ良いと言う話でもないが・・・。本当に自己中(心)ってことなんでしょうね。

沖縄でも福岡でも感じなかったことだけど、東京(特に都心)では日々感じてしまいます。まぁ、それなりに馴染んできたとは言え、いつまでも自分だけのエリア=排他域を持ち続けたいと思う、田舎者の私でした。

チャン、チャン♪