「映画」カテゴリーアーカイブ

2015年を振り返る(映画編)

2015年は、これまでの人生で最も多く映画館へ足を運んだ年。と、言っても8作品だけど・・・。ちなみに、2本(2012)、4本(2013年)、4本(2014年)と言う感じ。それ以前は数年に1本とか言うレベル。

映画を観ることは好きだが、映画館へ足を運ぶことはあまり無かった。まぁ、「わざわざ」出かけることが面倒だっただけなんですがね。

2012年に引っ越した練馬には、徒歩15分程に映画館があり、「わざわざ」感は無くなったのが、足を運ぶ回数が増えた理由。また、ネットでチケット購入も座席予約とかもできると言うお手軽さも・・・。さらに金曜日は1,000円で観ることができるのも嬉しい。

しかし、単純だ・・・>自分。

まぁ、こうして並べてみると、派手なものが好きなことが分かる。いい歳なんだから、もう少し落ち着いた作品観るべきかな・・・とも思うが、好きなものは好きなんだから仕方ないし、せっかくの大きなスクリーンなんで迫力ある絵がいいよねぇ。

8本の中でどれが一番面白かったか?と言うと・・・・う~ん、苦しいけど「テッド2」かな。地上波では決して放送できないだろうと思われる、徹底した下品さに拍手を送りたい。逆に残念だったのは・・・「アベンジャーズ」と「トランスポーター」だな。まぁ、好みの問題だとは思うが。。。。

と言うわけで、今年も面白そうな映画を観てやろう!目標?は10本かな。

—-

  1. アメリカン・スナイパー
  2. ターミネーター:新起動/ジェニシス
  3. アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン
  4. ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション
  5. 日本のいちばん長い日
  6. テッド2
  7. トランスポーター イグニション
  8. 007 スペクター

—-

今年もテンペストを追いかけて・・・劇場版テンペスト3D

劇場版テンペスト3D」は、1/28の全国ロードショーに先駆けて、沖縄では1/14(Sat)から先行ロードショー・・・・と言うことで、全国のテンペストファンの先頭を切って、初回上映を観てきました。

(原作→舞台→ドラマ→もう一度原作)と言う流れで、テンペストと向かい合ってきたこの1年ですので、当たり前のように「勾玉」が付いた前売り券を購入し、鑑賞の準備を進めました。さらに、万全を期すため、前日(1/13)に初回上映を予約するため、映画館に足を運ぶ。。。

私:「この前売券で明日の予約したいんですけど・・・」

担当:「あっ、これは明日からですので、取り扱えないんですよ」

私:「????」

担当:(判っていないと気づいてくれて)「上映始まってからしか指定できないんですよ」

私:「!!!!・・・・はい、明日来ます・・・」

とトボトボと引き返したのでありました。「仕方ない、明日並んでやる!」との決意を胸に・・・。

その後、ちょっと時間があったので、映画を見る前の予習と、ドラマ・原作の復習を兼ねて首里城まで軽くお散歩・・・汗

実は、年間パスポートが2011/12/31で切れてしまったので、今回は無料区域の京の内を散策。

 

ドラマ/映画で聞得大君が天に昇った場所は、原作では「沈む太陽と正殿を一直線に見ることができる場所」となっています。ウロウロと確認したところ、京の内にある↓のアーチ型の石門の上じゃないのかな???勝手な想像ですけどね・・・汗

ちなみに、ドラマ/映画の舞台となった御内原は未だ復元されておらず↓な感じです

 

前日までに気持ちを盛り上げて、当日10時の初回上映に合わせて1時間前の9時頃に映画館に到着!駐車場からも急ぎ足でチケット売り場を目指す。。。

ん!?「9:30販売開始」と言う張り紙がチケット売り場に出ている・・・どーゆーこと?周囲には3~4名の(同じように早く来て困っている)人々。こうなると仕方ないので、ズンズンと先頭に行って並んでみた。

待つ事約30分。20人程度が並んでいる。まぁ、こんなものかな?窓口に前売券を差し出すと、メガネ代(100円)を請求されるが、指定席については何も聞かない。あれっ?

私:「シートの指定したいんですが・・・」

担当:「初回上映は全席自由なんです」

と言うことで、ロビーでも並ぶ羽目に(あくまでも並んででも良い席で観たかった)・・・。9:30のロビーはスタッフのミーティングやらで、客の受け入れ態勢はできていない。そこへもって、並んだバカ(私のこと)がいるもんだから、困ったらしく「お呼びするまで掛けてお待ちください」と、丁寧に「シッ、シッ!」されてしまったのでした。仕方なく、ホットドックとコーラを買ってほおばっていると、同じように訳の判っていないオジサン、オバサンが並び始めた。「やばい!」と言うことで、モグモグしながら並んでいたら、我慢しかねた?スタッフが、場内への案内を開始したので、足早に中央席へ!・・・無事S席センターをゲットしたのでありました。

結局、2~3割程度の入りで、何も慌てることはなかったと言うオチ。年齢層も舞台と同じく、シニア~シルバー世代が多いかな?と言う感じでした。

映画の出来としては、CG部分の迫力と、大画面での首里城や海が綺麗だった!と言う感想です。正直言うと「3Dにする必要あったの?」ではありますが、そこは首里城から逃げ出した龍が主人公?ですので、多少強引ながらも納得です。

周囲には、テンペストの原作を読んで、琉球について一緒に興味をもってくれている人達も多くいますが、当日の劇場には若い人たちが少なかったことが少し残念です。せっかく、全国に先駆けてのロードショーですし、テレビでも積極的に宣言していますので、沖縄の(自分も少しだけ含めた)若い人達に「美と教養の国」であった琉球王朝に興味を持ってもらいたいなーーーと思うのは、根っからのテンペストファンになってしまった、おやぢの勝手な思い込みなんでしょうかね・・・・涙

ちなみに、谷原章介の舞台挨拶は1/18らしいですよーーー。

http://tempest3d.blog.fc2.com/blog-entry-7.html

やぎの冒険(2011/1/19 exblogで公開) *引越記事

テンペストの勢いでもないが、オールナイト宴会でもご一緒させいただいたI出プロデューサーをはじめとした方々の影響もあり、本日鑑賞して来た。

感想は。。。一言で言うと「真っ直ぐな映画」です。

14歳のウチーンチュの目から見た沖縄がしっかり描かれています。那覇からヤンバルまでの風景の移り変わりや、海だけではなくヤンバルの森や川(源河川?)の美しさが際立っていたのは、きっと彼の経験と価値観によるものだと感じました。

また、我々が日常に使ううちなーグチ(方言ではない)にも笑ってしまいました。まぁ、ところどころ「字幕が必要?」と思えるところもあったくらいです。でも、観客もそれなりに笑っていたので大丈夫だった(分かった)のかな?

沖縄でも都市部では失われつつある沖縄の「普通」や「日常」を池袋のスクリーンで観るコトができたのは、妙な気分です、もしかすると、監督と同年代の若者?が観ると、また違った感想があるかも知れないなぁ。。。。中学生や高校生の感想を聞いてみたいものだ。

テンペストに続き、是非とも沖縄からの新しい風(嵐?)を全国に吹かせて欲しいものです。
みなさんも映画館に足を運んでください。

http://yaginobouken.jp/

自称「やぎの冒険」応援団東京支部団員なのでありました。。。。汗

やぎの冒険

テンペストの勢いでもないが、オールナイト宴会でもご一緒させいただいたI出プロデューサーをはじめとした方々の影響もあり、本日鑑賞して来た。

感想は。。。一言で言うと「真っ直ぐな映画」です。
14歳のウチーンチュの目から見た沖縄がしっかり描かれています。那覇からヤンバルまでの風景の移り変わりや、海だけではなくヤンバルの森や川(源河川?)の美しさが際立っていたのは、きっと彼の経験と価値観によるものだと感じました。
また、我々が日常に使ううちなーグチ(方言ではない)にも笑ってしまいました。まぁ、ところどころ「字幕が必要?」と思えるところもあったくらいです。でも、観客もそれなりに笑っていたので大丈夫だった(分かった)のかな?

沖縄でも都市部では失われつつある沖縄の「普通」や「日常」を池袋のスクリーンで観るコトができたのは、妙な気分です、もしかすると、監督と同年代の若者?が観ると、また違った感想があるかも知れないなぁ。。。。中学生や高校生の感想を聞いてみたいものだ。

テンペストに続き、是非とも沖縄からの新しい風(嵐?)を全国に吹かせて欲しいものです。
みなさんも映画館に足を運んでください。
http://yaginobouken.jp/

自称「やぎの冒険」応援団東京支部団員なのでありました。。。。汗

映画

自宅から徒歩15分くらいのところにある、ショッピングセンター内の映画館へ行ってきた。実の話、独りで映画館に入るのは初めて。ちょっぴりドキドキ(汗)。

お目当ては今日から上映される「沈まぬ太陽」。今年読んだ山崎豊子の作品で、最近の日航経営問題とも内容がダブっていることから、ひそかに楽しみにしていた。

映画館は(沖縄の)パレット久茂地と同じくらいの規模のショッピングセンター(デパート?)にある、ちょうどシネマパレットと同じくらいの小さなもの(100席ちょいかな?)。そのせいか、メンバー特典があり、3,000円で登録すると1年間有効の無料券(3枚)とメンバーカード提示でいつでも1,000円で鑑賞できるというもの。普通に払うと1,800円なんで、これは登録するでしょう、普通。

と言うことで、ちょっと早めだけど色々手続きあるだろうからと、センター開店の10時過ぎに映画館に到着すると、すでに5~6名の待ち(正しくはチケット購入中)の客が・・・あれれ・・・人気あるんじゃん!とにかく並んで無事メンバー登録とチケットゲットできたのでありました。

最終的には1/3~1/4くらいの入りだったけど、目だったのは高齢観客ばかりと言うこと・・・汗。おそらくは私が最も若いんでないかい?と思えるような状況。山崎豊子作品に興味があるのが高齢者なのか、渡辺謙目当てのおばちゃんか・・・。まぁ、おじさんも結構いたので、前者かな?と勝手に想像していました。ちなみに私は鈴木京香目当てです(笑)

作品は、十分満足できる仕上がり。ただ、原作読んでいないと単に恩地vs行天のドラマに見えちゃいますね。本来は、NAL(国民航空)の問題が浮き彫りになってゆく話なんですがね・・・。この作品は数年前の企画時にも、色々と横槍が入って実現しなかったようだし、そもそも山崎豊子が作品を連載していた週刊誌を機内に置かなかったと言うエピソードにもあるように、背景には大人の事情があるんでしょう・・・。

そんなそんな事を思いながら鑑賞したのだけど、10分間のインターミッション付の4時間弱の大作は退屈させることなく、感動を残して終わったのでありました。大満足!興味のある方は是非足を運んでみてください。

そうそう、同じく山崎豊子原作のテレビドラマ「不毛地帯」も楽しみの一つ。過去2回の放映(木曜日)もきちんと見ました。しかし、来年3月まで毎週木曜にテレビ目当てにスケジュール調整を行うのも不可能なんで、とうとう録画用のハードディスクレコーダを購入。これで来週から見逃すことを心配することなく、木曜日を過ごすことができる・・・汗。ちなみに、こちらは小雪目当てです(笑)

ダ・ヴィンチ・コード

昨日観ました。久々に「映画」と言う感じの映画。大満足!!

平日の最終上映(21:05~)と言うのにほぼ満席(驚)。

県内でも最大級の映画館なのに・・・

http://movie.goo.ne.jp/contents/movies/MOVCSTD8455/index.html?flash=1

昨年早い時期に原作を読んで、映画化の情報を聞いたときから期待していたんだけど、見事に応えてくれた(喜)

しかし、原作読まないと判りづらい部分も多かっただろーな、と言うのが正直な感想。また、取り上げた内容が宗教問題なだけに話題につられてゆくとガッカリかも。。。

でも自分は満足したんで、原作読んだ方には思いっきりお勧めします。そうでない方は。。。あまり期待せずに行かれた方が良いかと思います。

(ただ、映像は非常に綺麗なんで観てるだけで楽しい)

で、ただ今ハリーポッターの最新刊(謎のプリンス)を読んでいる最中。どこまでもミーハーな私でした・・・