【読書】「ある閉ざされた雪の山荘で」東野圭吾(2021-8)

だいぶ古い作品です(1990年刊行なので30年前)。以前、オトナ買いした本の中に含まれていたものから引っ張り出して読了!

二つの異なる視点で現場(山荘で起こった殺人事件)を描いた作品です。初期の作品であるせいか、設定そのものは面白いのですが、キャラクター設定やトリックが少しばかり甘いように感じます。ただ、タッチや展開には勢いがあるので、サクサクと読みすすめることができました。

まぁ、東野クラシックシリーズに興味がある方はどうぞ・・・ってな感じですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です