「walking」タグアーカイブ

ぶらぶら散歩の話題

【散歩】多摩川河川敷を府中へ向かう

三連休は初日(金曜日)、二日目(土曜日)と雪が降る寒い日が続いたので、ほとんど部屋から出ることなく過ごした。読書、パソコン(ブログ作り)、風呂、料理、酒飲んで寝る・・・と言う、怠惰・・・いや、贅沢な二日間でした。

そんなわけで、ようやく晴れた三日目の本日は、布団と洗濯物を干して、お約束の散歩に出かけることができた。

最近は、北側コース(野川沿い)が多かったので、本日は久しぶりに南側の多摩川沿いに歩くことにした。まぁ、散歩コースなんてのは思いつきですからね。。。これも散歩の楽しいところ・・・かな?

調布市の河川敷は、スポーツ広場のように整備されていて、野球、サッカー、アルティメット(フリスビーを使う団体競技)を楽しむ集団あれば、自転車、ランニング、ウォーキングと、遊歩道にも多くの人。特に少年野球の試合が多かったけど、何か大会でもあったかな?一生懸命な子供たちの姿を見ると、息子っちのサッカーを応援していた頃を懐かしく思い出す。

上流に向かってしばらく歩くと、運動場や遊歩道の整備も無くなり、普通の河川敷になる。そこでは、のんびりと散歩するおぢさんや凧揚げする親子、川面に向かって腰掛けて読書する若い女性などなど、皆さん自分の時間をのんびりと過ごしている。今度はポットにコーヒーでも入れて、1時間くらい多摩川の流れを聞きながら、読書しても良いかな?(別に若い女性がめあてな訳ではありません—汗)

多摩川の眺めながら歩き続け府中市に入ると、調布市のような運動公園ではなく子供たちが遊べるように工夫された公園になっている。

浅い水溜りや低木の迷路など、自然の中で遊べるようになっていて、子供たちが家族と一緒に思い思いに楽しそうに遊んでいた。ほんと、調布といい府中といい、イイとこだと思う。もし自分の子供が小学生で、東京で暮らす機会があったのなら、この近くを選んでいただろうな。。。(実は他を東京は知らない・・・とも言う・・・汗)

自分が育った頃の沖縄には、住環境に近いところにも自然が多く残っていて、それこそ一日中海や山で遊ぶことができた。もちろん、親に連れてきてもらうことなどなく、子供たちだけだったよな。。。そんな遊びの中で、自然から色んな事を学んできた気がする。

まぁ、あれから数十年の時間が流れとともに社会が変わってしまうことは理解できるが、この多摩川河川敷のように自然と触れ合える場所が無くなっているように感じるのは寂しいことだ。地面をコンクリートで塗り固めてしまい、その延長線上に申し訳程度の公園やグラウンドを整備するのも仕方ないと思うが、やはり、そこに暮らす人が自由に気軽に使うことができる地面と言うのも必要だと思う。

沖縄では多くの基地が返還されてきたが、その多くはコンクリートで固められたように思える。色々な事情があるとは思うが、あれだけの広大な敷地なんだから、その一部でも多摩川河川敷とは言わないまでも何らかの整備をして、住民のための地面として開放しても良いのじゃないかな。。。そうしたら、住民も増えるだろうし、住民が増えれば地域が元気になるんじゃないかな?

・・・・とおぢさんは思うのでありました。

そうそう、河川敷を歩いていたらこんなところが・・・

幅25cmくらいの一本橋のようなもの。まぁ踏み外しても大丈夫なんだが、実は歩き始めは、フラフラして真っ直ぐ歩けなかった。何度か右側にふらついてしまう。これって、体のバランスが崩れているのか、歩き方が悪いのか・・・。10分くらい歩いていたら、どうにか安定してきたが、これって結構問題かも・・・。これからは、体のバランスを整えるためにも、このコースの散歩を増やさなくては・・・・ですね。

 

【散歩】多摩川河川敷を府中へ向かう

三連休は初日(金曜日)、二日目(土曜日)と雪が降る寒い日が続いたので、ほとんど部屋から出ることなく過ごした。読書、パソコン(ブログ作り)、風呂、料理、酒飲んで寝る・・・と言う、怠惰・・・いや、贅沢な二日間でした。

そんなわけで、ようやく晴れた三日目の本日は、布団と洗濯物を干して、お約束の散歩に出かけることができた。

最近は、北側コース(野川沿い)が多かったので、本日は久しぶりに南側の多摩川沿いに歩くことにした。まぁ、散歩コースなんてのは思いつきですからね。。。これも散歩の楽しいところ・・・かな?

調布市の河川敷は、スポーツ広場のように整備されていて、野球、サッカー、アルティメット(フリスビーを使う団体競技)を楽しむ集団あれば、自転車、ランニング、ウォーキングと、遊歩道にも多くの人。特に少年野球の試合が多かったけど、何か大会でもあったかな?一生懸命な子供たちの姿を見ると、息子っちのサッカーを応援していた頃を懐かしく思い出す。

上流に向かってしばらく歩くと、運動場や遊歩道の整備も無くなり、普通の河川敷になる。そこでは、のんびりと散歩するおぢさんや凧揚げする親子、川面に向かって腰掛けて読書する若い女性などなど、皆さん自分の時間をのんびりと過ごしている。今度はポットにコーヒーでも入れて、1時間くらい多摩川の流れを聞きながら、読書しても良いかな?(別に若い女性がめあてな訳ではありません—汗)

多摩川の眺めながら歩き続け府中市に入ると、調布市のような運動公園ではなく子供たちが遊べるように工夫された公園になっている。

浅い水溜りや低木の迷路など、自然の中で遊べるようになっていて、子供たちが家族と一緒に思い思いに楽しそうに遊んでいた。ほんと、調布といい府中といい、イイとこだと思う。もし自分の子供が小学生で、東京で暮らす機会があったのなら、この近くを選んでいただろうな。。。(実は他を東京は知らない・・・とも言う・・・汗)

自分が育った頃の沖縄には、住環境に近いところにも自然が多く残っていて、それこそ一日中海や山で遊ぶことができた。もちろん、親に連れてきてもらうことなどなく、子供たちだけだったよな。。。そんな遊びの中で、自然から色んな事を学んできた気がする。

まぁ、あれから数十年の時間が流れとともに社会が変わってしまうことは理解できるが、この多摩川河川敷のように自然と触れ合える場所が無くなっているように感じるのは寂しいことだ。地面をコンクリートで塗り固めてしまい、その延長線上に申し訳程度の公園やグラウンドを整備するのも仕方ないと思うが、やはり、そこに暮らす人が自由に気軽に使うことができる地面と言うのも必要だと思う。

沖縄では多くの基地が返還されてきたが、その多くはコンクリートで固められたように思える。色々な事情があるとは思うが、あれだけの広大な敷地なんだから、その一部でも多摩川河川敷とは言わないまでも何らかの整備をして、住民のための地面として開放しても良いのじゃないかな。。。そうしたら、住民も増えるだろうし、住民が増えれば地域が元気になるんじゃないかな?

・・・・とおぢさんは思うのでありました。

そうそう、河川敷を歩いていたらこんなところが・・・

幅25cmくらいの一本橋のようなもの。まぁ踏み外しても大丈夫なんだが、実は歩き始めは、フラフラして真っ直ぐ歩けなかった。何度か右側にふらついてしまう。これって、体のバランスが崩れているのか、歩き方が悪いのか・・・。10分くらい歩いていたら、どうにか安定してきたが、これって結構問題かも・・・。これからは、体のバランスを整えるためにも、このコースの散歩を増やさなくては・・・・ですね。

散歩考

すっかり週末の散歩が趣味になった感がある、ここ1年。気ままな単身生活と言うことと、周囲に自然が多い調布在住と言うことだけでもなく、何よりも、まずは「楽しい(楽しく感じることができる)」ってのが、続けていられる理由なんだろうな。

昨日(土曜日)は「フライパンを買う」と言うミッションを持って、5Km程先のニトリに向かった。これも立派な散歩なんです。

車だと10分程度の距離なんだろうけど、歩くと約1時間。結構な距離です。でも、歩くと沿道の風景を楽しむこともできるし、色々と考えることもできる。たかが1時間、されど1時間。色々な発見や気づきだけではなく、アイディアが出てきたり、自分自身を省みることもできる(特に宴会時の言動など・・・思い出せないことも多々・・・)。煩わすものもなく、ただひたすらに歩くだけなんだが、自分をリセットできる非常に有意義な時間だと思う。

特に木や花を見て季節を感じると言う高尚な(?)気づきは、ここで散歩を始めてからのもの。「お花見」だとイベントにすることもなく、ただブラブラしているだけで、季節の移り変わりを知ることもできる。 続きを読む 散歩考

散歩(野川公園)

天気の良い土曜日は、布団を干して、洗濯して、片付けしてから食事しながらiPhone地図とのにらめっこ。おおよそ片道4Km程度の範囲で、散歩の目的地を探す。ここのところ積極的に歩き回っているので、あまりコレと言った魅力的な場所が見つからなくなっている。。。。同じトコに行ってもなぁ。。。と、辛いところ。
で、今週(昨日)は最近お気に入りの野川の上流にある野川公園に決定した。4.8Kmと言う距離。
http://www.tokyo-park.or.jp/park/format/outline049.html

毎度のようにiPhoneにナビを任せ、風景を楽しみながら歩く。ただ、今回のコースは市街地や住宅地が多く、あまり変化がない。「へー、大きな家だなぁ~」程度か。。。。
しばらく、歩くと野川沿いコースとなる。もちろん、舗装された歩道ではなく川岸の地面を歩く。野川のせせらぎを聞きながら、秋を感じながらの散歩。これは気持ちよい。

そうこう、楽しみながら歩いているうちに野川公園に到着!ここは都立だと言うが、広くて綺麗。バーベキューも許されているので、家族連れも多い。また、見事な森の(空気の)色は頑張ってみたけど、どうやっても写真に残せなかった。都心から離れているとは言え、これだけの公園があると言うことに感動。沖縄だと「県民の森」のようなところだけど、バスや電車を使って気軽に来れるのがイイね(歩いて来るのはちょっと変わった人?)。

帰りは、iPhoneに相談した結果、すぐ隣の「武蔵野の森公園」を経由することにした。
http://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index058.html

ここも綺麗なところ。調布飛行場と外語大、警大に囲まれていることもあり、広々と感じる。もちろん、フライト時間帯はエンジン音で騒々しいけど、止まると非常に静か。うーん、こんな広くて綺麗な公園を歩き回れるなんて「贅沢だ」と思った次第。

公園から滑走路沿いに南側の運動公園に抜けることができるのだけど、これは16:30までの開門時間なので注意が必要です。5分前だったので、通れませんでした。きっと16時くらいには、通行制限かけるんだろうね。

飛田給から電車に乗るべく南下して味の素スタジアムに到着(と言うか通過)。すると・・・本日、ゲームがあるらしく、大勢の人がスタジアム目指している。覗いてみようか?と思い、ゲート近くまで行ってみたけど、とんでもない人混み。さっさと諦めて、駅を目指す・・・が、駅からの人に逆走する形になってしまい、歩き辛い・・・っつーか、歩けない。自分以外の全ての人が、スタジアムに向かっていて、背を向けて歩く自分が何だか「ダメな人」になった感じ。ここはアウェー感に負けてしまい、駅手前で別の道を進むことにした。ほんと、歩けなかったです。

調布までは30分程度で到着し、晩御飯の買出しをする。この疲れを癒すのは、熱い風呂。あがったらビールでプハー。アテは焼き鳥だね。でも刺身も捨てがたい。そうなると日本酒だよね。。。と妄想してる間に全て買い物カゴに・・・汗

と言うわけで、往復10Km程度の長い散歩だったけど、秋を感じながら楽しく公園めぐりを楽しめたのでありました。しかし、多摩地区って自然に恵まれていてイイナ~。