「沖縄いろいろ」カテゴリーアーカイブ

かりゆしウェア

例年だと5月から「かりゆしウェア」を着用するのだが・・・

http://www.u-r-u-m-a.co.jp/04special/kariyushi/kariyushi03.htm

今年は(本日現在)着用を見合わせている。

実際、かりゆしウェアは涼しいし、何と言っても全体にルーズなため締め付け感が無いのが良い。できれば常時着用したいのだが。。。

かりゆしウェアの「せい」にするわけではないのだが、この締め付け感の無さ故に緊張感が無くなり、腹回り、首周りの「成長」が著しい気がする。今年は少し心身ともに緊張感を持たせるため半袖シャツとネクタイで頑張ってみようかと思う。

ただ、仕事関係での集まりでネクタイは浮いてしまうことも多いので、TPOにあわせて着用すべく事務所に数着常備しておくことにしよう!!

 

 

ダイビングゥ(長文だよ)

マイミクの方々と希望が丘に泊まってのダイビング。記憶が限りでは2年振り。間際になり慌てて機材をチェックすると、

[×]ウェットスーツ(破れまくりで使用不可)

[×]BC(なぜか行方不明)

[×]レギュ(ホースが腐っている)

[○]マスク(洗えばOK)

[×]シュノーケル(折れている)

[○]ブーツ(洗えばOK)

[○]グローブ(洗えばOK)

な状態(涙)。BC,レギュは結構高価なので弟から借りるとして、スーツとシュノーケルだけをショップで事前購入した。

しぃかぁしだ、あてにしてた弟の機材が前日(昨晩)になり使えない状態であることが判明(汗)。さらに、大丈夫と判断したマスクはストラップが切れており、これまた使用不可の状態。しかたなく今朝、恩納から美浜のショップに走り、結局重機材一式を購入する羽目に(涙)。

#皆さん、事前準備を心がけましょう!!(深く反省)

どうにか「おニュー」の機材でエントリ!格好よく飛び込んだつもりだったが、海中で(新品の)シュノーケルを使おうとしたら、何と、何と。。。無い!どうやら飛び込み時に入場料代わりに海に払ってしまったようだ(涙)。さらに老朽化していたため、海中でグローブが破れ、岩場を歩いた時にブーツも底に穴があいた(驚)。結局のところ、すべての機材買いなおさんといかんではないか・・・(涙)

#皆さん、くれぐれも事前準備は入念に!!(さらに反省)

しかし、超久々のダイビングは良かった。穴場のようなポイントだったんで、人もいないし、海は綺麗だし、窒素入りの空気は美味い(?)し。ただ、波がきつかったんで海から上がるときにかなりの体力を消耗した。体中が張っている感じだぞ。。。明日からが怖い。。。

#皆さん、遊ぶにも体力がいります。(またまた反省)

ちなみにマイミクの方々は6日まで希望が丘に陣取ってダイビング三昧。連休中にまた顔を出すようにしよう!!

[ダイビングメモ]

ポイント名:ホーシュー

概況:波が高い割には流れはほとんど感じられなかった。ただ、2本目途中から北向きの流れが出始める。エントリはジャイアントで一気だが、エギジットは波のため困難を極める。波のない満潮前後がお奨めか・・・

○1本目(左:南)※満潮直後の引き始め

潜水時間:約40分

最大深度:9m

エア残:70

透明度:20~30m(良好)

メンバ:6名

○2本目(右:北)※引きが強い時期

潜水時間:約45分

最大深度:12m

エア残:80

透明度:15~20m

メンバ:5名

 

 

サーカス

サンエーの福引で入場券が当たった。過去にスーパーでの福引では何度も上位を引き当てた長女の「力」は今も健在!でも宝くじは当たったためしがない・・・・関係ないか・・・

と言うわけで次女とサーカスに行くことになった。当初は行く気がなかった長男だが、アメリカから一時帰国中の「はとこ」と気があったこともあり、急遽「俺(ら)も行く」と。。。と言うわけで引率よろしく3名の子供を連れてのサーカス観覧となった。

第一の問題は入場券。ペア券のため追加のオレ・オレ分は用意がない。でも大丈夫!なぜかコンビニでは「前売り券」を買うことができるので当日券に比べ200円安くゲット!当日買える「前売り券」ってのもすごいよね(汗)

次は駐車場。前売り券探しに時間がかかってしまい、集合時間ギリギリ。心配の通り駐車場は満車。しかたなく案内標識に従い車を進めると。。。何とリウボウ向かい(魚民裏)。。。絶句。。。客待ちのタクシーがいたのだが、何だか悔しくて4名で精一杯早足で歩いた。約15分でした(驚)。

さてさて、ようやく到着したら既に入場が始まっている。よく見ると「サンエー様」と表示されたブースの人々が入場中。やった!とその列に加わり、先に並んでいた「一般客」に先んじることができた(ラッキー)。おかげでまぁまぁの席に座ることができた。

で、内容は。。。そりゃサーカスですもの。まぁ、次女(小4)は大喜びでした。私としては、初めて見るイリュージョンなるものに驚いてしまいました。だって、綺麗な女性が一瞬でトラに変わるんですよ。すごいですよ、トラが女性の皮を被って化けてたんですからね・・・(あれっ、違う!?)

ちょっぴり長く感じたショーの帰りは、やはりメインプレイスで軽食。ん!?だったら最初からここに車停めてりゃよかった!?

 

 

オトーリ考

先週末、久々に宮古でオトーリを回した。宮古の知人と飲むときは那覇で飲むときもオトーリ。逆に宮古の住人が居ないときにオトーリを回したことがない。まぁそれはともかく、宮古で半年振りのオトーリ。

口上述べてから順にグラスを回してゆく。初めて会った人達なんだけど同じグラスで泡盛を酌み交わす間に何となくお互いの気持ちが近づいてくるような気がする。3~4周回った頃にはすっかり打ち解けている。この感覚がいいんだよね。

オトーリには幾つかのルールがある。特に手順、これは大事。やはり酒の場を大切に、楽しく思う気持ちから暗黙(?)のルールとして決められているようだ。決して「イッキ、イッキ」とはやし立てて酒をいっぱい飲むための儀式ではない。あくまでも楽しく飲むための「飲み方」。自分もまだまだ素人なんで、きちんと*回せる*人と一緒じゃないとオトーリを回さない・・・

宮古では二人で飲むとき(サシ)でも回すこともあるらしい・・・途中から親がどっちか判らなくなるのが問題とか(笑)・・・さらに驚いたことに一人でも回す人がいるとな(驚)。何でも鏡に向かって「オトーリ回しマス!」と(呆)。。。嘘か本当か、担がれたのか???でも、宮古で回しているとそれもアリかな?と感じてしまう程楽しいオトーリにはまっているのでした(笑)。

 

 

出張者が。。。

肉(ステーキ)が食べたいと言う。思案したあげく辻の「ステーツサイズ」へ案内した。自分も10年振りくらい。「じょーとーステーキ」も健在。出張者はボリュームと雰囲気、値段に大満足。「ここです、ここです、こんなところに来たかったんです」と。

http://www.u-r-u-m-a.co.jp/01eat/steak/state_size.html

ご機嫌な出張者はさらに「他にディープな沖縄どこかないですか?」。ディープって訳ではないが「ジャズでも?」と誘うと「はい、はい、はい~」って超乗り気。久茂地の「コルコヴァード」に案内する。たまたま19周年感謝祭案内のハガキが出かけに届いたこともあり、ここまた2年振り。

http://www.kt.rim.or.jp/~anego/okinawa/play/index01.html

久々の音楽と楽しいおしゃべりで自分自身案内役であるこを忘れ楽しんだのでありました。

出張者と別れて仕上げは友人のbar。友人夫妻と1時間ばかりおしゃべりをしたのだが、その間他の客はなくずーっと3名。大丈夫かしらん。。。今度誰か連れてゆかねば。。。。

とても楽しい夜でありました。

 

 

織田屋のうどん

客先での打合せが長引いてランチを久茂地界隈で取ることになった。どこにしようか・・・そうだ、日記に織田屋の話題を書いたことを思い出した。「言ったからには有言実行!」ってわけではないが、レポーターよろしく織田屋へ!

12時半頃、1席だけ空いていた。らっきー!

ちょうど程よくお腹もすいていたので「天ぷらうどん+ダブル(2玉)」を注文(ダブルでもお値段そのまま。。)。

隣の席はズルズルと食べている。よく判らないけど美味しそうだ・・・待つこと数分。これが結構長く感じられる。

出てきた、出てきた。これが美味いんだ。。ズルズル。。

写真だとうどんの量に比べ具が寂しいけど、満足のランチでありました(笑)。

何だか最近は「麺類レポーター」のようだ >自分

あけぼのラーメン

今日で「プチ禁酒」5日目。自分でも凄いと思う。やれば出来るんだ!

と言う話題とは何ら関係ないけが、久々のあけぼのラーメン(タンメン)。やはり、壁一面、カウンターの上に整然と(?)貼り並べられているメニューの数に圧倒される。ほんとはメニューの並びを写したかったんだけど、カウンターに向かって「カシャ」ってのは照れがあってできず、出てきたラーメンを写してみた。

今日が終われば明日は金曜。(プチ禁酒ができた)自分を誉めにビールでも飲みに行くことにしよう!!