【備忘録】家を建てたぞー(2)手続きあれこれ

株式会社イシカワ(イシカワ)で自宅を建てることを決めたあとは、当たり前ながら資金調達の手続き。所謂「住宅ローン」選びですな。

設計途中ながら、大まかな費用感はわかっていたので、まずはネットで情報収集。ふむふむ、基本的にはネット銀行のほうが条件が良いのね。と言うわけでカタログ取り寄せて内容を確認してみると、ネット銀行だと新築(建築)で必要となる「つなぎ融資」制度がない・・・どうやらマンションなどのマイホーム「購入」がターゲットらしいことがわかったので、銀行の商品に切り替えて検討。

色々検討した結果、もともと付き合いのある地元のR銀行に相談することにした。まぁ、条件はそれほど良くはないが、そもそもが低金利時代なので金額的に大きな差にはならず、総合的に判断してヨシとした(汗)。

まぁ、年齢が年齢なので審査結果が出るまではドキドキしたが、どうにか無事OKとなり、2017年10月にイシカワと正式契約を取り交わし、本格的な設計作業が始まったのでした(希望額が制限枠いっぱいだったことは内緒・・・汗)。

しかし、R銀行の沖縄と東京支店での対応は丁寧さやスピード感において大きな差があり、東京での申請はほんとスムーズ。本契約からは沖縄で対応してもらったが、毎回「イラっ」と・・・。うーん、何なんでしょうねぇ・・・涙。

資金の目処がついたところで、次は土地の名義変更。実は、当の土地、建物は亡父の名義だったので、これを変更しないと着工できないと言うもの。10年以上手続きを放置していたが、相続人は母、弟、私の3名だったので、特に問題なく司法書士の指示に従い、こちらも無事1ヶ月程で完了!しかし、土地を買ったわけでもないのに、登記簿の名義が自分になっているのは妙な感じ・・・。まっ、家族仲がよかったのが一番の幸いだったかな・・・笑

各種手続きに並行して、設計作業のため出張の際にイシカワの事務所(モデルハウス)に出向き、間取りの詳細を詰めたり、内外の材料や色を選定したり、コンセント位置決めたりとバタバタ状態。結果的に細かい部分はお任せ状態で、拘りたい部分に絞って調整を行い、あとはメールで送ってもらう図面などで確認、と言う感じでした。まぁ、イシカワのセンスを信じられたからこその作業でした。改めて「イシカワにして良かったなぁ・・・」でした。

つづく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です