福岡の隠れ家

2007/4~2009/3を過ごした福岡。事務所が博多だったので「仕事帰りの一杯」はもっぱら博多駅近くでした。その当時、まさに「通い詰めた」お店が↓

博多 やき鳥 あ・うん 本店(うの庵)  ・・・ぐるなびですが・・・汗

いやーーー、ほぼ2~3回/週くらいの勢いでしたね。この店を気に入ったのは、
・美味しい(まぁ、当たり前だわな)
・焼酎一升瓶がキープできる(ここはポイントが高い)
・店員の対応が良い(いつも元気で迎えてくれた)
と言う基本点に加えて・・・

・店長(女将)の笑顔が素晴らしい

と言う特別加算ポイントがあったからなのでした。ダラダラな感じで入ってきたおやぢどもを明るく元気に迎えてくれた・・・嬉しかったです。癒されました。

で、江戸に転勤してからも出張のたびに(ひとりでも)顔を出して、笑顔に癒されていたのでした・・・が、残念なことに今年になって店長も異動になってしまい、ちょっと残念な状態でした(まっ、それでもお店には顔出し続けてますが・・・)。

たまたま先月の出張の際に、いつものようにいつものお店(うの庵)で仲間数名とワイワイやっていたら「店長のいる店に行ってみたら?」と言う話になり、ナニナニ・・と場所を確認すると天神駅(博多から3駅)界隈らしいということを確認。単純なので、酔っ払いの勢いのまま、店長の笑顔見たさに独り二次会で足を運んでみた。

久々に見る?会う?店長の笑顔は素敵でした。これは間違いない!・・んで、料理も・・・雰囲気も・・・と書きたかったのですが、当たり前のように記憶が・・・で、辿りつけたことも、店からホテルに行きつけたことも奇跡としかいいようがない状態でした・・・

と言う長い長い前置きのあと・・・今回は素面で行ってきました。

居食家あ・うん 舞鶴店 ・・・またもやぐるなびですが・・・汗×2

事前にfacebookで店長に予約をお願いしていたおかげで、一番人気の個室を用意してくれていました(ありがとうございます)。
#前回酔っ払って行った際に、お友達になっていたのです(偉い!)

お店は広めのカウンターと個室なので、うの庵と比べてちょっと落ち着いた感じがあります。また、地下ってこともあり、静かな「隠れ家」って感じです。ここならカウンターでゆっくり飲めるよねーーー(前回は確かにそうだった・・)。

また、うの庵もそうだったように、ここもスタッフの「おもてなし」の気配りがイイですねーーー。店長の教育なのか、背中を見て育っているのか、とにかく座っていて気持ちイイです。水や氷を替える際に、ちょっと声をかけてくれるし、なんと言っても全員の笑顔がいいですね。あと、大きな声かけあっているのは、活気を感じさせてくれます。また、テーブルにセットしたチョットしたモノにも気配りが行き届いてますよね・・・。

(らんちょんまっと、箸袋・・・イイ感じです。おみくじになっていることは知りませんでした)

   → 

今回は、仲間の合流が遅れてしまい、約2時間近く独りぼっちでした(いわゆる「放置プレイ」)が、店長が気を遣って忙しい中に、何度か話し相手になってくれました。。。ありがとうございました・・・でもね、個室で2時間独りってのは辛かったっす!

料理も当たり前のように美味しく、できることなら全メニューを味わいたいことろですが・・・さすがに無理です(笑)。個々のメニューについては、これから足を運ぶたびに紹介していきたいと思います。

(ちなみに↓はいわゆる「お通し」。こだわってくれてます!)

  → 

(放置プレイされてる間に「つなぎ」で注文した品々・・・)

  

と言うわけで、これからの福岡出張は、仲間との宴会が予定されている場合には博多(うの庵)。特に予定なければ今回のように赤坂周辺にホテルをとって、まったりとカウンターで呑んで、笑顔に癒されたいと思いますので、これからもよろしくお願いしますね >店長!

 

そうそう、この店の一番お薦めは・・・当たり前です、店長の笑顔です。今回、写真掲載をお願いしましたが、断られました・・・ははは・・・当たり前か。

※店長?女将?のブログです

http://ameblo.jp/aunmaiduru/entry-11036933028.html

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です