やぎの冒険(2011/1/19 exblogで公開) *引越記事

テンペストの勢いでもないが、オールナイト宴会でもご一緒させいただいたI出プロデューサーをはじめとした方々の影響もあり、本日鑑賞して来た。

感想は。。。一言で言うと「真っ直ぐな映画」です。

14歳のウチーンチュの目から見た沖縄がしっかり描かれています。那覇からヤンバルまでの風景の移り変わりや、海だけではなくヤンバルの森や川(源河川?)の美しさが際立っていたのは、きっと彼の経験と価値観によるものだと感じました。

また、我々が日常に使ううちなーグチ(方言ではない)にも笑ってしまいました。まぁ、ところどころ「字幕が必要?」と思えるところもあったくらいです。でも、観客もそれなりに笑っていたので大丈夫だった(分かった)のかな?

沖縄でも都市部では失われつつある沖縄の「普通」や「日常」を池袋のスクリーンで観るコトができたのは、妙な気分です、もしかすると、監督と同年代の若者?が観ると、また違った感想があるかも知れないなぁ。。。。中学生や高校生の感想を聞いてみたいものだ。

テンペストに続き、是非とも沖縄からの新しい風(嵐?)を全国に吹かせて欲しいものです。
みなさんも映画館に足を運んでください。

http://yaginobouken.jp/

自称「やぎの冒険」応援団東京支部団員なのでありました。。。。汗

「やぎの冒険(2011/1/19 exblogで公開) *引越記事」への2件のフィードバック

  1. はじめましてお邪魔致します。
    「琉球ロマネスクテンペスト」の検索でこちらがヒットし伺った一人です(^-^)
    私も「やぎの冒険」観に行きました♪
    あんな映画をもっと沢山観たいです!

    舞台のテンペストは・・・。
    自分のブログにも感想を書いたのでお時間ありましたらお立ち寄り頂けると嬉しいのですが。。。
    Kshinzatoさんよりも辛口に書いてしまったので(^-^;)
    だって、すっごく楽しみにしていたんですもん。。。
    他の方は好評価なので、あれ~私の感想って違うのかなぁと思っていた所でした。

    あ、すみません。初めてのコメントなのに長々と。
    また遊びに伺わせて下さいね。

    1. はじめまして。コメントありがとうございます。ブログも覗かせてもらいました。まったくの同感です。お互いと価値観同じくする人にとっては「もうひとつのテンペスト」ですよね。自身はテンペストに感化され、帰省の都度に首里城に足を運び、新しい発見を楽しんでいます。そんな事も気ままに書き綴りますので、たまに覗いてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です