30年ぶりのさだまさし

三週間ほど前「題名のない音楽会」の公開収録に当選し、生さだまさしの「雨やどり」を聴いた。いやー、やっぱりさださんはいいですね。実は高校生の頃、さだまさしのアルバムを買い続け、一所懸命ギター弾きながら吠えてたんです。。。今からは想像もできないはずだし、似合わんけど。。。(^^;;

まぁ、そんな勢い?で先週末はBOOKOFFで、懐かしい「風見鶏」をゲット!

30数年振りに触れたソロ二枚目の「風見鶏」は、懐かしさもあるが、ひとつひとつの作品に想いが込められいて、ほんと、今聴いても素晴らしいアルバムだと、あらためて感心と感動!

そんなアルバムの中の一曲が、また違った形で心に強く響いている。あの頃は思い浮かべることができなかった絵が見えるようだし、何度聴いても泣きそうになってしまう。歳をとって少しは感受性が高まったのか、単に涙腺がよわくなったのか。。。何れにせよ、良いものは時の流れとともに風化したりせず、さらに深みが増すものなんでしょうね。

さて、そんな訳で、しばらくはさださんを聴き込んでみようかと思うおぢさんなのでした。

泣けます。。。これです。。。

セロ弾きのゴーシュ
詞: さだまさし

Celloにはオン・ザ・ロックが似合うと
飲めもしないで用意だけさせて
ひとつ覚えの サン=サーンス
危な気な指遣いそしてボウイング
まるで子供の様に 汗までかいて
悲しすぎる程 優しい人
私はいつでも 涙うかべて
楽し気なあなたを見つめるだけで
倖せだった

陽気なあなたの事だもの
今頃きっと雲の上で
誰かを無理矢理誘って
「白鳥」を聴かせているかしら
飲み手のいないウィスキー 
今夜も用意だけして
私のお相手は カザルスとティボー
私はいつでも 涙うかべて
想い出だけ聴いて 明日は晴れると
笑うふり

明日もしも晴れたら
オン・ザ・ロック用のお酒がきれたので
市場へ行こうと思うの
ねェ想い出も売っているといいのに
もっともっとたくさん 想い出が欲しかった
もう一度あなたに会う迄の糧に
私はいつでも 涙うかべて
あなたの残した 大事なCelloを
一人で守る