引越しのお話

ただ今高校3年生の娘Bは、来春からの大学生活を東京で過ごすべ、日々(彼女なりに)頑張っている。その甲斐もあってか、どうにか合格ラインに入れた模様。

そうなると、来春からの娘Bの生活拠点を探さないといけない!調布は娘Aの大学に近いと言う理由で選択したのだが、娘Bの通う(予定の)大学は、練馬に近い場所。調布から練馬に通うか?練馬から調布に通う?それとも別々?とまぁ、色々な選択肢がある中、8月の学校説明会に参加するために上京した娘Bを含む家族全員で、周囲の環境を確認しながら練馬周辺での物件探しに出かけたのでありました。

ネットで調べ、事前に予約していた不動産屋に案内されて何件かを回ったが、想定した予算では「これ!」と言った物件がない。まっ、来春まで時間あるしゆっくり探そうと思いながら入った不動産屋で紹介された物件を見て、全員の目がハート型に・・・「これしかない!」

と言うわけで、あまり細かいことを考えずに急遽の引越しとなったのでした(汗)

決まると今度は色々な作業や手続きが発生する。特に面倒は引越しそのもの。まずは業者何社かに見積もりを取ったのだが。。。

A社:今回の不動産屋の紹介だったので期待していたが、あまりやる気なさそうで値引きの話もなく最高値!

B社:自分でネットで調べてきてもらった。色々頑張ってくれてA社より20%安!

C社:調布でお世話になった不動産屋から紹介された大手だが、一発で最安値を提示。さらなる交渉の結果、A社より30%安!

と言うことでパンダマークのC社に決定!しかし、三社とも条件にあまり違いはなかったのに、なんでこんなに料金が違うのだろう???引越しって言い値?に買値?

その後は、荷造りで夜と週末が潰れ、気づけば当日。。。小雨模様のなか、荷物の搬出。しかしまぁ、これだけの荷物がこの部屋にあったの?と自分でも驚くほどの量。結構捨てたんだけど、それでも30箱以上。博多時代から5年半生活しているんだから当然!とも思うが、それでもビックリでした。

調布はいい街だったよな・・・この部屋にもお世話になったな・・・と、ちょっとセンチになってしまうのは、3年半暮らしたからなんだろう。たしかに、大好きな散歩コースの野川や深大寺にも足運ぶこともないだろうし、京王線にもあまり乗る機会がなくなっちゃうんだろうな。

などなどと、荷物を運び出して何もなくなった部屋を掃除しながら考える。しかし、何もなくなってしまうと「この部屋ってこんなに広かったっけ?」と。

写真 12-09-02 11 58 59 写真 12-09-02 11 59 26

練馬では娘B用の部屋を用意して来春を待つ。ただ今夏休み中の娘Aは10月から府中への長距離?通学。ごくろうさまだ。まっ、本人としては出窓とエアコンのある部屋に満足しているからヨシとするらしい。父に似て単純なヤツだ(笑)。その父も、緩和された満員電車と広い部屋に大満足!生活環境が変わるって、こんなにも気分が変わるもんなんだ!と気持ち良く実感する日々なのでありました。

と言うわけで、調布から練馬へと居を移し、江戸暮らしの第二ステージが始まったのでありました!

写真 12-09-02 14 10 49

お世話になりました「調布」

これからよろしく「練馬」

写真 12-09-01 15 55 44 写真 12-09-01 13 26 52

ちなみに引越しを祝ってくれているかのように、当日は「阿波踊り」で出迎えてもらったのでした(笑)

写真 12-09-02 17 59 41