たまには贅沢に・・・足を延ばして「別府」

九州出張の週末を利用して別府まで足を延ばしてみた。

まずは、九州勤務時代にも乗ったことがなかったソニックで別府へ向かう。

博多から別府(大分)に向かうソニックは、直線的に横断して走るのではなく、一旦北上して北九州(小倉)経由して南下するというルートなため、小倉では列車の進行方向が変わるので、乗車客自ら座席を回転させるんです!このとき、切符を前席のポケットに入れたままシートを回転させてしまい、途中で気づいて慌てたことは・・・内緒です。

約2時間の列車の旅は結構快適で、本を読んで居眠りして・・・と、のんびりしている間に目的地の別府に到着!そうそう、博多→別府の運賃は5,420円なんだが、JR九州のお徳な割引切符「4枚きっぷ」だと、なんと片道×4枚=10,000円。つまり1枚あたり2,500円なので、通常料金の半額以下!座席指定もできちゃうのでお徳感満載です(JRの宣伝か・・・)。

今回は、美味しいものと温泉を楽しむことを目的にしていたので、駅から脇目も振らず宿に向かう。まぁ、途中のコンビニでビールは買い出しましたがね・・・汗。

宿は別府湾に面して、部屋からは海が一望できる(と言うか海しか見えない)。ちょっと贅沢をして、露天風呂付の部屋だったので、到着からチェックアウト直前まで温泉三昧。しあわせでした。もちろん、ビールや日本酒片手に・・・・やりました!

  

食事は・・・大満足です。本場関アジに豊後牛、河豚まで・・・その他・・・個々にはコメントできません!とにかく、とにかく、美味しかったです。笑いながら食事してました。

      

朝は、別府湾から上る朝日を見ることができるというので、早起きしてまだ薄暗いうちからお風呂で日の出を待つ・・・が、残念ながら雲が多く、水面から上る朝日を拝むことはできませんでした。それでも十分に満足!

こんな贅沢な時間(食事に温泉)は、初めてだったと思う。そろそろ、いい歳なんだから、いつまでも飲み屋で散財するんじゃなく、1年に一度はこんな時間を持つのもいいなぁ・・・と感じたのでありました。

しかし、別府いいですね。是非また贅沢しに、来たいと思います。