【読書(1月)】ロケットスタートだ!

去年は目前にして達成できなかった「50冊」。今年こそは・・・と、読み始めたのは池波正太郎。またまた、知人のお薦めなんですが・・・これが見事にはまりました!そのせいもあって、1月は奇跡の7冊!2月も勢い止まる様子なく、楽しく読み進めてます。今年こそは目標達成!・・・の予感です(笑)

————————

1. 影武者徳川家康(中巻) 隆慶一郎 http://books.rakuten.co.jp/rb/611307/

2. 影武者徳川家康(下巻) 隆慶一郎 http://books.rakuten.co.jp/rb/611311/

これは去年末からの続きです。登場人物が皆、カッコイイです。何となく見逃していた、徳川と豊臣の関係を違った観点から見ることで、かなり新鮮に新しい歴史観を楽しむことができました。

————————

3. 鈍感力 渡辺淳一 http://books.rakuten.co.jp/rb/6420207/

話題になった作品ですが、今頃・・・なんです。何となく、自分のように不器用な人間にとって「勇気付けられる」一冊のように思いました。

————————

4.  剣客商売/剣客商売(1) 池波正太郎 http://books.rakuten.co.jp/rb/1484737/

5. 辻斬り/剣客商売(2)  池波正太郎 http://books.rakuten.co.jp/rb/8939672/

6. 陽炎の男/剣客商売(3)  池波正太郎 http://books.rakuten.co.jp/rb/1493207/

7. 天魔/剣客商売(4)  池波正太郎 http://books.rakuten.co.jp/rb/1493208/

いやーーー、完全にハマリました。簡単ですよねぇ。。。自分でも呆れてしまいますが、面白いんです。短編それぞれの展開に味わいあって、登場人物が個性的でカッコ良くて・・・。あと、季節ごとの料理の話題がいいですねぇ・・・。全16巻(外伝などを入れると21巻)ですが、この勢いだと、3ヶ月くらいで読破できそうです。そのあとは「仕掛け人」「鬼平」・・・ヤバイです。

しかし、水戸黄門も終わってしまい、なかなk時代劇に触れることが少なくなったせいか、とても楽しく新鮮な気持ちで読み進められるように感じるのは・・・気のせい?

————————