「琉球ロマネスク テンペスト」観てきたぞーーー

公演二日目(2/7)、観て来ました!

とても楽しみで小学生のようにウキウキしたおかげで、朝はチケットを忘れて出かけてしまい、駅までの途中で気づき、慌てて戻ると言う始末。仕事も(半ば強引に)午後からの外出予定を入れてしまった・・・ダメな自分。。。。それだけ、寧温と真鶴に会いたかったんです!!

週末にネットで色々調べてみると、赤坂ACTだと「オペラグラス」なるものはあった方が良いという貴重な口コミを発見する。現地だと1,000円だということなので、本日の午後の外出を30分程早め、途中のビックカメラで590円で同等の品をゲット!これで準備万端!

外出先の会議を17時に終え、そのまま会場に直行!しかし、18:30の開場に、17:40頃に到着してしまい時間を潰すのに困ってしまった。。。。汗

TBSの周囲をブラブラとして時間を潰し、ようやく入場。久しぶりにドキドキ。。。さすがに二日目のせいか、ロビーはお祝いの花だらけ。すげーーーー!そしてようやく、会場入り。ちなみに二階席の前から3番目でした。

入場したものの、開演までは30分程度の時間がある。なんとなく、落ち着かず鞄を開けたり閉じたり、コートを畳んだり、広げたり。。。何やってるんだ。。。と自分で思うが、本当に落ち着かない。。。。まるで子供な状態でした。

まぁ、そんなこんなしている間にようやく、開演。笑ったのは、案内(タバコは・・・云々、写真撮影は・・・やっぱり云々)がウチナーグチで述べられたあとに、女性の声で通訳のように標準語で行われる。イイ感じだ!そうそう、落ち着かない状態の頃、正面の緞帳には大きく「テンペスト」って投影されていたので「これは・・・!」ってiPhoneのカメラで撮影したら、すぐにスタッフに注意され、目の前で削除させられてしまった。これは恥ずかしかった。。。怪しそうな動きしているおぢさんはチェックされているんですね。。。汗

その後、開演。。。1時間強で20分の休憩時間をはさんだ前後編での構成。まぁ、ストーリーは*概ね*原作通りだけど、細かな部分(自分的には結構大きいと思う)が、変更されている。確かに、舞台だと演出とか構成が必要なので、原作通りってわけには行かないかも知れないなぁ。。。と途中で冷静に分析していたけれど、正直あまり納得はできていない。原作の持つ荘厳さや、舞台となった首里城の神秘性がごっそり抜け落ちているように感じた。全体のモチーフとして「琉球万歳」はいいのだけれど、テンペストの魅力の大きな部分が欠けてしまった感があり、別の作品として観てしまった。それはそれで良いと思うので、個人的には「もうひとつのテンペスト」と評したい。

この作品で最も残念だったのは、仲間由紀恵の紅型姿が無かったこと。赤坂ACTシアター壁面や入口に飾られているポスターのような姿を見ることができなかったのは悲しかった。遠目にはわからなかったが、寧温のときもポスターのような化粧はしていなかったようだし。。。ビジュアル的にやって欲しかったです・・・はい。期待してましたんで。。。

会場は、ほぼ満席の入りで、7割方は20歳代後半から30歳台(と思われる)を中心とした女性客。若い男性は、どう見ても「彼女に連れて来られました」って感じ。あとは、自分とちょっとだけ年上の方々。。。でした。舞台好き、読書好き、仲間由紀恵好きのどれかなんでしょうね。私のように「おやぢひとり」ってのは、少なかったと思います。

テンペストは首里、沖縄を舞台とした大好きな作品で、その舞台をひとつひとつ歩いて確かめている自分にとっては、その場所を大切にして欲しかったな・・・と言う注文はあるが、全体として「琉球ロマネスク テンペスト」と言う舞台劇としては上出来だったかと思う。今回、舞台と言うものを初めて観たが、こんなにも迫力があって、綺麗なものだとは知らなかった。自分自身が、その舞台の作り出す世界に入り込んでしまった感じが、妙に気持ち良くもあり、不思議な感覚でした。ストーリーと言うより、映像、セット、音響、そして舞台で演じている人達が全て一体となった、まったく異次元の世界を味わうことができた。心から感謝したい。ありがとうございます。

まぁ、そんなこんなで、期待値を上回ることはできなかったけど、期待できなかった新しい発見と雰囲気を味わえたひとときでした。お薦めかどうか?そんな難しいこと聞いちゃいけません。やっぱり自分の五感で感じてください。そうそう、慌てて購入したオペラグラス。3倍の能力だと、ほとんど肉眼と変わりませんでした。言い換えると、役に立たなかった。。。です。まぁ、座席にもよるとは思いますがね。

会場では、我慢できず聞得大君のキューピーストラップを購入(700円)。だって、真鶴、ましてや雅博だとおかしいでしょ!?

と言うことで「もうひとつのテンペスト」を楽しんだのでありました!