散歩考

すっかり週末の散歩が趣味になった感がある、ここ1年。気ままな単身生活と言うことと、周囲に自然が多い調布在住と言うことだけでもなく、何よりも、まずは「楽しい(楽しく感じることができる)」ってのが、続けていられる理由なんだろうな。

昨日(土曜日)は「フライパンを買う」と言うミッションを持って、5Km程先のニトリに向かった。これも立派な散歩なんです。

車だと10分程度の距離なんだろうけど、歩くと約1時間。結構な距離です。でも、歩くと沿道の風景を楽しむこともできるし、色々と考えることもできる。たかが1時間、されど1時間。色々な発見や気づきだけではなく、アイディアが出てきたり、自分自身を省みることもできる(特に宴会時の言動など・・・思い出せないことも多々・・・)。煩わすものもなく、ただひたすらに歩くだけなんだが、自分をリセットできる非常に有意義な時間だと思う。

特に木や花を見て季節を感じると言う高尚な(?)気づきは、ここで散歩を始めてからのもの。「お花見」だとイベントにすることもなく、ただブラブラしているだけで、季節の移り変わりを知ることもできる。

最近のお気に入りは、野川。なんといっても、サラサラ流れている様子と、土の上を歩けるのが好き。最近、なかなか土の上を歩く機会がないですからねぇ。。。それも整備されたグランドとかではなく、石ころもあるようなところ。足の裏に自然を感じます。

これと言った趣味など持ち合わせている気はないが、こうやって週末ごとに気ままに散歩を楽しめると言うのは、もしかするとかなり幸せなことではないか?と感じる今日この頃。週末の時間を誰に気兼ねすることなく、自由に使えると言うことは、かなり贅沢なんだろうな。行きたいところに、行きたいときに、行きたいコースで行くことができる。途中で変更したり、休憩したり、何なら電車を使っても良い。まっ、単身赴任者の特権なんでしょうね。

さて、週末が終わり、明日から普通な生活が始まる。次の週末の散歩を楽しみに、また一週間頑張ってみよう!