おやぢの手料理(ポークカレー)

豚肉が安かったので、大きめのブロックを買ってきた。ポークステーキにするか、煮付けるか・・・と色々と悩んだ結果(それほどレパートリーはないのだが・・・)カレーを作ることにした。
カレーは手馴れたもの。インスタントラーメンに次いで良く作っている料理じゃないかな?ジャガイモを使わない分、ニンジンを多めに使い、タマネギはレシピの2倍くらい。野菜と肉をいつものように大きめに切り、3年使い込んだ土鍋で煮るだけなのだが、今回はライスに一工夫してみた。以前にパエリア作ったときの残りのサフランを加えてみた。これで、黄色いサフランライスができるはずだ!
そうそう、今回から煮込みにはローレルも使ってみたですよ。
・・・・で、仕上がりはと言うと・・・ルーは中辛のせいか、チトばかりパンチに欠ける。やっぱり辛口に限るな。で、肝心なサフランライスは・・・と言うと、こちらもチト残念ながらサフランが少なすぎたのか、中途半端な色づき。さらにムラが多い。混ぜるべきだったかねぇ・・・と反省。

それでもどうにかソレなりに出来たのでヨシとしよう。
ちなみに、付け合せにほうれん草のシーチキン和えを作ったんだが、こちらは写真取る間もなく、胃袋に収まってしまいました。