【読書(6月)】

うーん、半分を折り返したところで20冊。単純二倍で40冊。目標の50冊は達成できそうな・・・できなさそうな・・・・。

とか何とか言いながら、エッセイ4連発に続き、さらに浅田次郎シリーズに手を出してしまった・・・私(汗)。しかし、これまた面白い!こちらも四部作で、結構サクサクと読み進められる(といいながら2冊しか読めなかったが・・・・)。

やっぱりエッセイより小説の方が面白いな。

————————
19. 天切り松闇がたり(第1巻) 闇の花道 浅田次郎
http://books.rakuten.co.jp/rb/1455693/
20. 天切り松闇がたり(第2巻) 残侠 浅田次郎
http://books.rakuten.co.jp/rb/1504138/

明治から大正、昭和と言う時代を背景にした盗人の話です。なんだか、色々なモノに恵まれ過ぎて、忘れてしまいがちな「本当に大切なモノ」を思い起こさせてくれる優しい内容の作品です。これまた、いいですよ・・・。
————————