天城

「あなぁーたとぉーーぉー、こえぇーーたぁーーい、天城ぃーーーこぉーーえーー」で歌われた、天城に行ってきました。と言っても旅行ではなく出張。しかも研修(笑)。
水曜日の夕方に突然「明日(木曜)研修に行って欲しい」と依頼を受ける。GWの連休ボケのおかげで日々の仕事が辛かったので「これはラッキー」と内容も何も理解しないまま一発快諾!あたり前でしょ(笑) で、木曜は伊東駅に13時過ぎの集合と言う予定だが、さすがに直前のためどうしても外せない予定があり遅れて参加することになった。
研修施設は、伊東駅(静岡県)から車で約30~40分の天城高原にあり、途中、野生の鹿と遭遇した。近所には娯楽施設どころか、売店、その他民家すらないと言う好環境なところ。冬場には富士山が一望できるという最高のロケーションと言うのは、脱出不可能な軟禁状態なのでした。17時にそんな研修施設に到着し、会場に案内される。講師が何かしゃべっているが、殆ど内容は理解しない(できない)まま18時半に初日が終了。説明によると何でも施設には温泉浴場があり、夕飯までゆっくりしてください・・・とのこと(喜)。しかし、夕飯は19時からとな・・・何ぃ~、せっかくの温泉は30分?
まぁ兎にも角にも温泉は温泉と言うことで、短い時間だったけど、ギリギリまで温泉を楽しんだのでありました。
ちなみに、この研修は取引のある(でかい)パートナー会社の主催で、参加者は20名弱。同じ会社からは私ともう1名で、あとは主催者を含め全員が初対面。そんな中、夕飯は席を割り振られて見知らぬ人どうしで食卓を囲む。さすがに気を遣いますよ、私でも。主催者に失礼にならないよう適当にネタを振ったり、話をあわせたり、時にはボケたり突っ込んだり。まぁこれが営業の仕事と言えば、そうなんですがね。。。。ちょっと辛い。
食後は場所を変えて(同じ施設内の別会場)で二次会。こちらでも愛想を振りまきながら22時半までの時間を過ごしたのでありました。おつかれさまでした >自分

部屋に戻ると、チェックインしたときには気がつかなかったが、テレビも冷蔵庫もない。広めのシングルルームで気持ち良いのはいいが、退屈。おまけに頼みのiPhoneは圏外(当然WiFiもNG)。「こんなことならゲームの一つでもダウンロードしておくべきだった」と自身も呪うが、どうしもようもなく「翌日早朝に温泉に入ろう」と目覚ましを6時にセットし、23時過ぎに就寝(なんて健康的なんだ)。

なんとなく寝付かれず、夜中に何度も起きたりしたんで、朝は目覚ましと格闘の結果6時半過ぎに起床。実は朝食は7時15分からだったので、温泉を諦めて部屋のシャワーを使い目を醒ます・・・・とても残念。

朝食後はチェックアウト手続き(部屋の片付け)を行い、8時15分から11時半までの研修。しっかり眠ったはずだが、時間内は睡魔との激闘。結局何も判らないままに研修が終了してランチタイム(呆)。

ランチは近く(車で5分程度)のところにあるホテルのレストラン。新緑の絶景を見ながらの食事は格別。天気(運?)がよければ富士山も見えるらしいが、こちらでも残念ながら雲に覆われていました。
食後は伊東駅までバスで送ってもらい解散。ローカル線とこだまを乗り継いで東京に戻ったのは16時前でした。

まぁ何だかんだといいながら、食事付、温泉付の小旅行が出来た。これも日ごろの行いがよかったからなのだろう。。。と一人ごちながら、気をよくした私は早速温泉旅行のプラン作成に着手したのでありました。

1487768725_250

1487768725_26

1487768725_61

写真:
左-ランチしたホテルにあった「天城高原」の看板
中-研修施設の中庭(パッティング練習用グリーンがある)
右-部屋のベランダから見える相模湾(うっすらと初島)