サンタさん

うちには高1を頭に3名の子供がいる。不思議なことに揃ってサンタ(の存在)を否定しない。って言うか信じてる?一番下は小4なんでまだ分からんこともないが、さすがに中1、高1は「おいおい君達、そろそろ卒業したらどうだ!?」と言う感じだ。

きっと判っているんだろうけど口にしない。口にしたらプレゼンがもらえなくなる=卒業。それを知ってて知らない振り=否定しない。そんな気持ちが可愛い。

年に一度だけ、誰にもお礼を言わなくても良いプレゼント。空に向かって「ありがとう」って言えばよい。もちろん、親になんか言う必要もないし、恩着せがましくされることもない。そう考えると信じてる方が都合良い。彼らには存在を否定する意味がないんだろう。そんな都合の良いプレゼントがあってもいいかな?と思うのは私だけ?

真剣にサンタの存在を信じてるわけではなかろうが、親ではない「誰か」から年に1度届くプレゼントを楽しみにしている子供達に今夜は欲しがっていた「枕」が届くはず。。。

余談になるが、明後日は娘の誕生日。親としては嬉しいんだけど、財布が。。。まぁいいか(笑)