100円!?

今日は末っ子(小4)の誕生日。息子(中1)がプレゼントを買いたいと言うので付き合って出掛けた。彼の予算は貯めた小遣いから捻出する2千円程度とのこと。普段コンビニで買い物するときに10円の差を気にして商品を選ぶ奴なのに。。。妹想いと感心、感心(少し見直した)。

さすがにトイザラスは「祭りの後」よろしく、商品が無い!陳列棚にも空間が目立つ。本当に不景気なのだろうか???まぁ、そんなことはどうでも良いのだが、結局予算内で喜びそうな商品が見つからないので、隣接するベスト電器でパソコンのゲームソフトを探しに向かう。

散々思案したあげく、やっと見つけたのソフトは2,780円也(予算オーバー分は私が補填することにした)。息子は財布から虎の子の千円札2枚と取り出し、私はそれに1枚千円札を追加して「お釣りはもらっていいヨ!」と。それを聞いた長男は「200円ない?」と言いながら小銭をゴソゴソ探し、1,580円をレジに出して、千円札を1枚自分の財布にしまう。コイツーと思いながらも仕方なく100円玉を小銭入れから探し出し、レジに置いたとき店員が「○△×◇で100円です」と言う。???と思いながら料金表示を見ると「100円」となっている。???さらに???。「ただの100円?」と聞いてみると「はい、ソフトが古いので100円です。Win95には対応してませんが大丈夫ですか?」。???。どうやら新品なんだが、古いソフトなんで100円らしい。「腐ってなければ良いです」と言って100円で商品を購入してきた。

古いったて2年くらい前の作品で、XPにもちゃんと対応している。プレゼントをゲットできた息子は大喜び!なんてったって、しっかり息子は100円とわかった瞬間に自分の出したお金を財布に仕舞い込んでいたので、レジで支払われた100円玉は私が出したものだったから・・・・

賢いのか、しっかり者なのか、どこまで調子の良い奴なんだろう・・・(笑)