オトーリ考

先週末、久々に宮古でオトーリを回した。宮古の知人と飲むときは那覇で飲むときもオトーリ。逆に宮古の住人が居ないときにオトーリを回したことがない。まぁそれはともかく、宮古で半年振りのオトーリ。

口上述べてから順にグラスを回してゆく。初めて会った人達なんだけど同じグラスで泡盛を酌み交わす間に何となくお互いの気持ちが近づいてくるような気がする。3~4周回った頃にはすっかり打ち解けている。この感覚がいいんだよね。

オトーリには幾つかのルールがある。特に手順、これは大事。やはり酒の場を大切に、楽しく思う気持ちから暗黙(?)のルールとして決められているようだ。決して「イッキ、イッキ」とはやし立てて酒をいっぱい飲むための儀式ではない。あくまでも楽しく飲むための「飲み方」。自分もまだまだ素人なんで、きちんと*回せる*人と一緒じゃないとオトーリを回さない・・・

宮古では二人で飲むとき(サシ)でも回すこともあるらしい・・・途中から親がどっちか判らなくなるのが問題とか(笑)・・・さらに驚いたことに一人でも回す人がいるとな(驚)。何でも鏡に向かって「オトーリ回しマス!」と(呆)。。。嘘か本当か、担がれたのか???でも、宮古で回しているとそれもアリかな?と感じてしまう程楽しいオトーリにはまっているのでした(笑)。